忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
リンク

↑直リン推奨・リンクフリー
SITE NAME>>>かたてまJPNC
SITE MASTER>>>瀧ヒロム
URL>>>http://jpncweb.blog.shinobi.jp/
WEB拍手
メッセージなどもこちらへ

もしくは↓のメールへ
taki_jpnc●hotmail.com(●→@)
※1週間たっても返事がない場合は未着の可能性がありますので、お手数ですが再送下さい
リンク

ペルソナ・サーチ!
アーカイブ
最新記事
(05/21)
(12/21)
P5
(12/21)
(10/27)
(10/27)
プロフィール
HN:
瀧ヒロム
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
admin
カウンター
フリーエリア
※「女性向け 同人サイト」です。苦手な方は閲覧をご遠慮下さい※       アトラス系・他、コミック系など雑多らくがき置き場。
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンソロ等のお知らせ

・2/25  
「ペルソナ3ポータブルコミックアンソロジーPART2 美しき悪魔」光文社刊
女主人公の部活ネタで漫画描かせていただきました。

・2/26
「ペルソナ3ポータブル公式ファンブック」エンターブレイン刊
小さめですが各キャラのblogのカラーカットを数点描かせていただきました。
(担当は順平、アイギス、真田、荒垣、テオ)
アイギスのブログカットが特に描くの楽しかったです(笑)女装男子!

どうぞよろしくお願いします。


さて、ぼちぼち本格的に春コミ原稿に手を出していきます…。
主花と堂島家2冊出したかったけど俄然雲行きあやしくなってきました…。
スペースは主花なのでとりあえず主花優先で進めてますが、堂島家も出せたら出したいですでもあまり期待はできない…
前々から、何も考えず気楽に読めるギャグ括りな主花を描きたかったのでそんな感じの本になるかと思います。
まあギャグテイストはいつも入ってるんですけども。
それと、字書きの友達が小説ゲストしてくれるらしいので楽しみですヤッター!
主花書いてみたいなんてポツリ言うもんだから、鼻息荒く即座に場所提供。
ちなみに小説はギャグではなさそう。たのしみたのしみ。

スパコミも申し込みました。オンラインて19時〆切だったんですね〜。
超あせってカットを描いて19時一分前に申し込み済ませました。おかげでヘロヘロなカットに…
しかしなぜ律儀に描き下ろしたのか。なぜ使い回しにしなかったのか。あほだ。
せっかくプチもあるしなあと、P4以外のペルソナシリーズで参加しようかかなり迷ったんですが…
う〜ん、本を本当に出すのか、出せるのか…。先のことの確証が持てないので結局安全圏でP4にしました。
手を出したいものが多くて困ります。プチもこれから申し込む予定ですが、とりあえずこちらもP4で。

拍手ありがとうございます。以下メッセージのお返事です。

・花さま
お返事遅くなってしまってすみません。ノロノロ更新なサイトですが、見て下さってありがとうございます。
ペルソナにハマったのが遅かったとのことですが、遅い早い関係なくお仲間増えてとても嬉しいです!楽しいですよねペルソナ!
うちの本も読んで下さってありがとうございます。花村にきゅんきゅんしていただけて何より^^
道具についてですが、原稿は下書き〜ペン入れまではアナログです。
ペン先はおもにタチカワのGペンで、背景や細かい部分、顔のパーツなどの細い線はタチカワもしくは日光の丸ペンを使ってます。
筆圧が高いのですぐペン先潰してしまうのが悩みです…。で、それ以降のトーン作業〜仕上げまではデジタルです。
デジタルペン入れも気になるところですが、やっぱりアナログ独特のペンの味が好きなのでまだまだ当分はアナログのままかなあ。
線がきれいに見えるのは、投稿用の大きい原稿を使っているので同人誌にしたとき若干の縮小マジックがかかってるせいもあるかも…;
(新刊のsuperiority〜は時間がなかったので同人用の小さい原稿に全部丸ペンで描いていますが)
でもきれいと言っていただけてうれしいです。
ありがとうございました!
PR
Trackback
この記事にトラックバックする [ ]
さんがつ : : HOME : : 1日遅れの
忍者ブログ : [PR]

Material by Irusu